山響屋

2

山響屋のこと


『山響屋』には、九州の郷土玩具と民芸品がたくさんあります。そして、『山響屋』にたくさんある郷土玩具や民芸品の背後には、それぞれの作品を育んだ土地があり、文化があり、作り手がいます。

それらは現代のように人・物・情報の行き来が容易でなかった時代には、ごくごく身近なものであり、また、ごくごく珍しいものでもありました。おそらく、知らない土地のことを知り、知らない土地のものを容易に手にできるのは、地域の有権者かお殿様くらいだったのではないでしょうか?
それでも、江戸時代の参勤交代の際には九州の南端・薩摩から江戸まで約40~60日かけて移動した記録が残っています。

各地の民芸品はその土地の歴史や風土、生活などから生まれ、生活のゆとりや信仰などから郷土玩具が生まれ、それらはまたその土地の歴史を作り、文化を育む一旦となったものたちです。
こうした独自性豊かなものたちは、全国の国道沿いで似たような風景が見られるようになった現代において、それまでのように元気に存在し続けているかというと、そうとは言えないものになっています。ですが、人・物・情報の往来が容易になったことにより、今まで当たらなかった方向からスポットライトが当たる機会に恵まれて、個性が益々輝いていると言えるのではないかと思います。

『山響屋』にある九州中のたくさんの民芸品と郷土玩具は、店主の山響ARTが自らの足で生産者のもとを訪れ、顔を合わせて頂いてきたものばかりです。そんな『山響屋』の商品の背後にあるストーリーも、目には見えないけれど、大事な『山響屋』の看板です。
少しでも興味が湧いた方は、ぜひぜひお店でディープなお話を聴いてくださいね!

Writing by りも

店主


山響ART

山響屋店主。絵師。長崎県島原市出身。福岡市中央区今泉にて、九州中の郷土玩具を扱う『山響屋』を展開する傍ら、絵師としても活動。大阪を拠点に縁起物ARTを展開する『うたげや』にて、だるまにオリジナルの絵つけを行う活動も行っています。
instagramfacebook

3

山響屋


営業時間 11:00~20:00(定休日:木曜)
住所    福岡市中央区今泉2丁目1-55やまさコーポ101
電話番号 092-751-7050